わんこ先生のざれごと

What A Wonderful Bullshit World !

トロッコ問題で解くものは何か

ロッコ問題というものがある。
詳しくは以下のリンク先を読んでみて欲しい。私がここで説明するよりよっぽど詳しく書かれているから。


ロッコ問題は道徳の本質を考えるのに非常に適している。それがわかるのは、道徳の本質を取り違えている多くの人が、以下のような視点を持つことを見てとれるからだ。

 「何がよい選択か?」
 「命の価値とは?」
 「許される状況や基準とは?」
 「社会的正義とは?」

で、真剣に...つまり、間違えたら死ぬつもりで、真剣に考えてみれば、たいていの人は正解にたどり着けると思うんだが、どうも世の中には真剣に考えるということがさっぱりわかってない人だらけのようだ。

これはまた、「合理性の罠」でもある。

「合理の中には、そもそも人間が含まれていない」ということを、そろそろ自覚するべきなんだ。それが道徳の本質に直結しているってことがわかれば、トロッコ問題がなんの問題で、どう考えなきゃいけないかもわかるはずなんだけどなあ...。

ロッコ問題を真剣に考える場合、「社会的に正しい判断とは?」という視点よりも先に、「まず自分はどうしたい?」を考えることになる。真剣というのは、間違えた時に自分が致命傷を負うということだ。自分のことを考えないわけにはいかない。

そして、「自分がどうしたいのか」ということに、万人に共通するいわゆる【正解】なんかない。あるわけないのだ。

もし、万人に共通する正解があるのだとしたら、それに反するものは正しくないことになる。それはつまり、人間の自由を否定するものだ。

人間の自由を否定するということは、他の自由も否定され得ることになってしまい、最終的に【理想的な生き方・考え方以外を認めない】ということになってしまう。

これは人間を生きにくくする最悪の考え方だ。しかし現在、その考え方が普及してしまっている。

ある考え方が普及し一般化し「正しい」というレッテルが貼られるとどうなるのか。

それを考えてみれば、

「一面的に善に見えるものはすべて、やがて誰かを苦しめる原因になってしまう」ことがわかる。

はじめは一部の人を苦しめ、やがてすべての人苦しめ、別の社会問題を生み出していくことになる。

だから、万人に共通する正解はない。

一見「社会的に正しい」と思える結論も、巡り巡って「誰かを苦しめる」結果を生み出してしまうのだから、社会的に正しい結論は存在するように見えて、原理的に存在し得ない。

それは妄想だ。

ではその妄想は通常なんと呼ばれているのか。

正義と呼ばれ、
倫理と呼ばれ、
道徳と呼ばれている。

それらに共通しているのは、「誰にとっても正しい」という暗黙の強制だ。

この暗黙の強制の背景にあるものは何か。

それは、「誰にとっても正しいものがあるはず」という隠れた前提である。

換言すれば、これはイデアなのだ。しかしイデアなどない。

この世に発生するすべての様相は、「この世という立場」から見ればすべて「あるのが当然」のものだ。それを「人間の側から見ている」から、善し悪しがあるように見えているだけだ。

人間は、この世の様相の中で生まれたひとつの形に過ぎない。だから、この世の様相は人間のためにあるのではない。

善がすべての人間に共通する何かだとすれば、それは人間を超越するものということになるが、それはつまりこの世の様相そのもののことだ。それゆえに、「人間が妄想する善のイデア」というものはどこにも存在しない。

ロッコ問題を考える時、多くの場合はこのイデアを探して【あるはずの正解を見つけよう】とする。そこに罠がある。

正解なんかないのだ。
だから導き出された答えにどれほど納得感があっても、それは必ずどこかで破綻する。

正義や倫理や道徳も、これとまったく同じ問題を抱えている。

【正解があるはず】という臆見(思い込み)を排除した時に、今まで見えなかったものが見えるだろう。

しかし...

実はただ一つだけ、イデアではない「万人に共通する妥当な解」が存在する。それはカントの定言命法だ。

ただし、カントの定言命法は妥当解ではあるが義務ではない。ここが間違っているところで、カントが正しいと思って義務だと考えると、たちまちイデア的な問題を呼んでしまう。義務ではないので、義務とは切り離して考えなければならない。

定言命法」がどんなもので、何をどうすればトロッコ問題の答えを導けるのか...それは明言しない。明言しないが、絶対に外せない要素であることは保証する。

興味がある人はこのような観点も踏まえて考えてみて欲しい。きっとトロッコ問題の背景にある問題が見えてくると思う。