わんこ先生のざれごと

What A Wonderful Bullshit World !

君を愛してる。

どうして君は自分に魅力がないと思うのだろう?
おれからすれば、君はとても魅力的なのに。

たとえば、よく切れる刀があるとするよね?
それから、すっごくバランスの良いプロ用のハンマーがあるとするよね?

釘が打ちづらいからといって、刀に価値がないと思うかな。思わないよね。
切りにくいからといって、ハンマーに価値がないと思うかな。思わないよね。

モノにはモノの、人には人の、長所や使い所があるよ。短所にばっかり気を取られてたら、せっかくの長所を見失っちゃうよ。

誰かと比較して、一番じゃなかったら価値がないのかな?
君より美しく、頭がよく、できる人がいたら、君は価値がないのかな?

違うよ。
君には君の魅力がある。

君より美しい人がいる。だから?
君より聡明な人もいる。だから?
君より要領のいい人だっている。だから?

あっちの方がいい、いやこっちの方がもっといいって、あっちこっちに目移りしてたら本当の魅力なんかわからないよ。

若い方がいいだろうって?

過去の君と、今の君、比べたらどっちがいいと思うのかな。
若い頃の君はたしかに魅力的だ。でも、今だって魅力的だ。
年取ったら年取ったなりに、痩せたら痩せたなりに、太ったら太ったなりに、欠点なんか探せばいくらだって見つかるよ。でもそれが何なの?

若い頃の君より、今の方がずっとずっと、おれのことがわかってるだろ?
それは簡単には手に入らないものだよ。

君の笑顔だってそうだ。
出会った頃はその魅力にやられちゃったけど、今の方がその何倍も魅力的だよ。

それがどうして君にわからないんだろう。

達人ってね、道具を選ばないって言われるんだ。
そりゃあもちろん、いい道具の方が使いやすいさ。
でもね、達人はどんな道具でも使いこなしちゃうんだ。
なんでかわかるかな?
どう使えばその道具の良さを引き出せるか、それを見るからだよ。

弘法筆を選ばずっていうコトワザがあるじゃない?
きっと、いい筆ならいい筆なりに、ダメな筆ならダメな筆なりに、最大限にその良さを引き出すんだと思うよ。
そして、いい筆で書いたものも、悪い筆で書いたものも、その筆だけの味わいが出せるんじゃないのかな。

一面的な優劣で比べることもできるけど、それ自体の味わいを比べることはできないよ。

世界中の誰だって、おれの代わりなんかできない。
おれの魅力はおれだけのものだ。
おれが魅力を発揮すれば、君にはそれがわかるよ。

そして、それは君だって同じなんだ。
君の魅力は君だけのもの。おれはそれを愛してるんだ。
愛してる。
愛してる。
君のなにもかもを愛してる。
もっともっと光り輝いて、もっともっとおれを魅了して欲しい。


元気を出して。
いつもありがとう。

広告を非表示にする