わんこ先生のざれごと

What A Wonderful Bullshit World !

幸せの構造

幸せってのは、不幸とセットだ。カードの裏表のようなもの。

「不幸はいらない」ってのは虫のいい話で、不幸も苦労も無いなんて選べるものではない。デキゴトってのは勝手にやってくるものだ。それを幸と受け取るのも自分だし、不幸と受け取るのも自分なのだ。自分が決めている。

人間は快楽を求める。快楽こそが幸福だ。
しかし、自分の快楽のために自分以外を不幸にしてしまえば、長く続けさせてもらいにくくなる。続かなければ不満も出る。そして「自分は幸せではない」と思ってしまう。

大きな快楽を求めれば、目の前の小さな快楽に気づかなくなる。気づかなければ、手に入らない大きな快楽にばかり目が行って、これもまた「自分は幸せではない」と思ってしまう。

おかずが少なくても、米の美味しさを存分に味わって食べれば満足できる。
小さな幸せを味わい尽くさない心が不幸を呼ぶのだ。

また、他人の幸せをうらやめば、自分が持っている幸せを軽んじる。無いものばっかり欲しがって、持っているものの良さに気づこうとしない。それを無い物ねだりという。自分の価値に気づかないのも同じ事だ。

他人のモノサシ(幸せの基準)に自分を当てはめて、自分を軽んじる。
そんなことをしていて、幸せになれるわけがないのだ。

デキゴトにもモノゴトにも、幸と不幸の両面がある。どちらを見るのも自分次第。
小さな幸せを喜ぶのも、そんなものと思うのも自分次第。
自分の幸せは自分で決めているのだ。

他人のモノサシに自分を当てはめると、当てはまらないところばかりが目立つ。
こう生きなければ。
こうしなければ。
できないのは努力が足りない。
そうやって窮屈なところに自分を押し込める。息苦しい。生き苦しい。

幸せは自分が求める快楽が手に入ることだ。
他人のモノサシに、自分が求める快楽なんか無い。
自分のモノサシにしかないのだ。カッコいいだのキレイだの、周囲の評価はすべて他人のモノサシだ。他人に気に入られることを幸せだと思っていたら間違いだ。それは幸せの形をした不幸そのものだ。

自分のモノサシで生きることが、幸せになるための条件なのだ。


自信の構造 へ続く

広告を非表示にする