わんこ先生のざれごと

What A Wonderful Bullshit World !

新しい「社会人の定義」

※推敲中だけど公開する。趣旨を大きく変えることはしないけど、細部については追記・修正するかも。

社会の様々な問題を解決したいのであれば、その構成員である「社会人」の定義を見直すことから初めないと改善しない。

構成する部品に原因があるのに、原因を改善しなかったら対症療法にしかならない。社会問題の場合であれば、その構成員と仕組みの両方に原因があると考えるのが妥当だ。

仕組みの方は様々あるからそれは個別に考えるとして、構成員を改善するということはその考え方・認識を改めるということだ。構成員ひとりひとり「が」考え方を改めるということでもあるけど、その前に「よい社会の構成員とはどんなものか」という問いに新しい答えを出すということだ。

その時、安易に「べき論」を持ち出すのは思考停止そのものだ。べき論は、その根拠をたどっても最終的な説明にたどり着かない。だからべき論にならないよう、どうしてそうなのかを考えて説明付ける必要がある。

さて、では社会の構成員、つまり社会人とはどういうものか。

よくよく考えてみると社会人の定義は曖昧だ。「社会人とはどういうものか?」という問いに対して、いくつか挙がってきそうな要素を列挙するとこんな感じか。

  • 働いている
  • 納税している
  • 自立している
  • 社会の役割を果たしている

逆に「社会人に含まれないものはどういう人か?」という問いに対して、挙がってきそうな要素を列挙するとこんな感じか。

  • 未成年
  • 学生(成年も含む)
  • 無職
  • 反社会組織の人

「働いている」やそれによって「納税している」ことが社会の義務を果たしていると受け取られるようで、学生や無職などの納税していないと思われる人たちは社会人と認めらえにくいように思う。ただ、そういう人も消費税は払っており、もし「納税だけが社会人の条件」だとしたらかなり範囲は広くなるはずだ。

しかし消費税を払っているだけで社会人と認められたりしない。それはなぜか。

「その時点の社会」に対して「有益な関わり方をしていない」と多くの人に思われるからだ。納税は具体的な社会への関わり方であって、それだけが社会への関わり方ではない。納税はひとつの方法であって、関わり方はそれ以外にもあり、有益な関わり方が多いほど認められやすいのだろう。

約束を守らないとか。他人の権利を侵害するとか、有害な関わり方が多くなれば適正を疑われる。

おっと、話を進める前に、有益とその周辺を明確にしておこう。

有益という言葉は「益」の有無のうち「有」を指す。だからその反対は「無」だ。
しかし「益」の反対もある。
「益」の反対は「害」だろう。他にもあるかも知れないがここでは害のみに絞る。
そして、有益と同じように有無で表現すれば「有害」「無害」になる。

有益の反対としては無益や有害が当てはまるが、これは程度ともいえる。「有益ではない」の意味は、以下の3つが当てはまる。

  • 益するところがないが、害もない
  • 益するところがあるが、害がある
  • 益するところがなく、さらに害もある

対して「有益である」の意味は、以下の2つが当てはまる。

  • 益するところがあり、害がない
  • 益するところがあるが、害がある

別の表現をすれば有益とは、害の有無に関わらず益するところがあることだ。

先ほど示した「他者への有益な関わり方」の有益とは、「他者の喜びや快適さ」につながることを指している。だから社会がうまく機能しやすい社会人の定義は、労働とか納税の義務とかではなく、「他者の喜びや快適さに貢献している人」になるだろう。

配慮ではなく貢献。

なぜなら、ここで重要なのは身近な人たちを喜ばせたり快適にさせることではなく、どちらかと言えば「直接関係のない人の喜びや快適さに貢献すること」だ。身近な人を別の表現にすれば、身内とか仲間内のことだ。身内や仲間内に優しくするのは当然のことで、そればかりしていれば縁遠い人にはむしろ不快な存在になる。

他者への配慮と言った場合、それが有益か無益かはあまり問われず、気遣いをしていることをもって「配慮した」と言うことができる。しかし配慮があっても実益がなければなんの意味もない。身内でも仲間でもないのだ。

もっとわかりやすい言い方をすれば、

「言葉の配慮はいらない」

ということだ。必要なのは実益。実質的な利益。だから配慮ではなく貢献でなければならない。

「自分勝手に配慮したつもりになる」ことでは、自然に喜ぶことも快適だと感じることもできない。そんな空虚な善行は、仲間内以外では善行として機能しない。

そしてまた「善行の反作用」として害を被る人を、最小限にすることも含まれる。独りよがりの善行によって、かえって害を受ける人もいる。その人達は「安易な道徳観」の押し付けでは納得できないだろう。

実質的に彼らの損害を最小にする努力もまた、善行の一部のはずだ。なぜなら彼らも社会の構成員だからだ。

多様性だのなんだの言われているが、身内や仲間内以外、つまり自分と正反対の価値観を持ついわゆる敵対的な立場の人たちに対しても、妥当な貢献をしなければ社会は安定して成立しない。

むしろ敵対する立場の人とこそ、「社会の安定についてお互いに協力できる道を検討し合えるような関わり方」ができる必要がある。

その時に礼儀やマナーは強力なサポートツールになるし、「その尺度としての道徳*1」であれば押し付ける意味もなくなる。

そういう感じに社会人を定義し直すことで、新しい定義の社会人に適合しようとする人が増え、少しだけ社会が安定する方に向かうように思う。

他者への貢献とか社会への貢献は、「一方の道徳観を持ち出して我慢を強いる」ことでは成立しない。聞く耳を持たずに「悪いこと」とレッテル貼りをすることではないのだ。価値観が違ったり強い欲望を持つ人たちの不満を解消する道を、共に考えることでしか成立しない。

しかし、どうあっても他者のことなどどうでもよいという人もいるだろう。話し合いがまったくできないとか、譲れそうなことを探したくないとか、立場が違う人たちと共存する気がないとか、そういう人もいるかも知れない。だから究極的には「自分の不満ばかりを優先し、他者や社会への貢献を一切するつもりがない人」は社会から排除することになるだろう。

それは仕方がない。

ただしそのかわり、社会の価値観として「限界まで共存の道を諦めない姿勢」が必要だろう。この価値観を共有できさえすれば、「この価値観を土台にした対話」は可能なはずだ。最終的に道を違えることになるとしても、十分に対話することができれば「ただのわからず屋」ではなくなるかも知れない。

他者への貢献の仕方や考え方については一時的に紛糾すると思うけど、それによって「対話する環境」が一般的になるんじゃないかと思う。そうなっていけば、自分の価値観を絶対に変えずに「丁寧な口調で強弁する」ことを対話だと勘違いしているような人たちも、少しは変わるんじゃないかと思う。

*1:「社会の安定についてお互いに協力できる道を検討し合う意志」の表れとしての、「態度・言動が判別できる手続きのパターン集」

「寄り添うこと」と「悲しみ」を見ること

友達をどういう定義で考えるかは好きにすればいいと思うので、私も私の思いたいようにしている。そういう意味で、私には「私の友達」についての明確な基準がある。その定義に当てはまらない人は、どれだけ頻繁に会っていても仲良くても私は友達と呼ばない。

その基準を端的に表現すれば、

「(私に)相手の悲しみが見えた」

かどうかだ。

この悲しみというのは悲しいエピソードのことではない。エピソードの受け取り方は人によって異なるもので、相手のエピソードを私の解釈で悲しいと断ずることはできない。私の解釈よりもずっと、当人がそのエピソードにどんな意味を与えているのかが重要だ。そしてそこに悲しみがある時、「当人にとって」どんな意味の悲しみなのかを知ることが重要だ。

また、当人がその意味で解釈した理由・原因も考えてみる。口癖や受け取り方の偏り、象徴的なエピソード、行動基準や好き嫌い、様々なことが絡み合っているはずだ。「どうしてそう思うのか?」を追いかけることで、当人の中で絡み合った糸のひとつひとつが少しずつ鮮明に見えてくる。

大切な人をなくした悲しみにも、なくしたことが悲しいというだけではなく、もう声を聞くことができないとか、抱きしめることができないとか、一緒に笑うことができないとか、褒めてあげればよかったとか、もう謝ることができないとか、共に歩きたかったとか、人によって込める思いは様々だ。

たくさんの思い出や感情が綯い交ぜになり、言葉にすることができない場合もあるだろう。思いを表すのにぴったりの表現を知らないこともあるだろう。余計なものがたくさん含まれた言葉を使いたくないこともあるだろう。

もしも私の言葉で私の解釈を説明したとすれば、それは当事者ではない私が、当人のエピソードを利用して私を表現しているということだ。しかし、他者は私を満足させるために存在しているのではない。当人のエピソードも感情も解釈も、すべて当人のものだ。そこに私が断じてよいことはただのひとつもない。だからその悲しみをよく見るのだ。

もちろん、見えたからといってそれが純然たる事実だとは言えないし、結局は解釈のひとつに過ぎないのだけれど、それでも「私を表現するためのもの」ではなく、「相手を理解するためのもの」として受け止めることはできるように思う。それは、私にとっての意味を云々するのとはまったく別のこととして、「相手にとっての意味を知る」ということでもある。

他者を理解しようとする時、その人の喜怒哀楽を理解することはどれも大切ではあるけど、私は、最も見るべきなのは「哀」、つまり悲しみだと思うのだ。悲しみにはその人の無力感や無常感が表れている。それはその人の弱さを説明するものであり、その人が最も説明を求めてやまないものだ。

誰かに寄り添って生きる力を支えるというのは、言い換えれば、その人の「弱さの傍ら」にいて支えるということだ。弱さがどこにあるのかわからないのに、その傍らに立つことはできない。

その人の悲しみが見えたと思えた時、私は、自分がその傍らにいることを思い浮かべることができる。

たいしたことはできないかも知れない。
支えられないのかも知れない。
しかし、傍らにいることもできない自分が、よく知りもしない相手を友達と呼ぶことを、私は私に赦さない。

私にとって誰かに寄り添うこととは、友達として傍らにいるということなのだ。

生きるための哲学相談

「その人が無自覚に前提していることを見抜く」のは哲学の得意とするところで、突拍子もない理屈だろうと矛盾だらけの理屈だろうと、それらを読み解くための質問はできる。しかしこれは、哲学の知識に依るものではなく、実践経験に依るところが大きい。哲学を実践していたらできるようになるし、実践していなかったら知識的に詳しくてもできない。*1

私は哲学相談をやっている人たちの哲学相談の定義を知らない。だからその人たちの定義とはおそらく違うと思うが、私は以下のような要素が必要だと考えている。

  • 助言者
    • 「哲学的視点や手法での読解」に導くように質問する
    • 「哲学的視点や手法での読解」を試みた回答を実演する
  • 相談者
    • 「哲学的視点や手法での読解」を試みながら助言者に回答する
    • 「哲学的視点や手法での読解」を試みながら助言者に質問する


哲学相談をひと言で表現するとしたら、「哲学的視点や手法での読解」が明確に意識された協同探求だ。そうでないものを、私は哲学相談とは呼びにくい。もしも助言者の知識の開陳や、助言者の知識による判断に終止するものを指すのだとすれば、それはレッスンとかレクチャーと呼ぶのが妥当だろうと思う。

わからないことを相談しているのだから相談ではあると思うし、助言者に期待するものが哲学の知識であれば哲学相談と呼べそうではある。しかしそれでは「哲学の知識こそ哲学だ」と言っているようなものだ。もしそうだとすれば、哲学書を丸暗記した人は哲学をしているということになるだろう。

だから、過去の哲学者たちはみんな丸暗記で哲学者になったのだ。

…いや、そうではあるまい。誰かの知識を丸暗記で覚えたのではなく、ひとつひとつの問題に向き合い、疑い、つぶさに観察し、新しい概念を生み出し、仮説を立て、分析し、推論を重ねたのだと思う。

そもそも人間のすべての問題が既存の哲学書で解明されているわけではないのだから、問題をつぶさに読み解かずに既存の概念を当てはめることは「知識でレッテルを貼る」ことに他ならず、最も忌避されるべきことだろうと思う。そして、つぶさに読み解く過程では、「もっともらしそうな概念が最も警戒すべきもの」だろうと思う。読み解く過程ではバイアスにしかならないからだ。

既存の知識にあてはめられたら楽だ。
それ以上、考えなくていい。
すぐにわかった気になれたら気持ちがいい。
だから、当てはまりそうなものを探す。

いやいや、それは哲学じゃないだろう。よく観察もせずに決めつけたら哲学とは呼べない。

そこにあるものをそのまま見る。しかし既存の知識が邪魔をする。その前提を取り払い取り払い、そのままを見ようとする。なぜなのか、どうしたらいいのか、もっとうまい解釈の仕方はないのか、どうしたらより前向きに生きる力を生み出せるのか。

個人のための哲学は、生きる力を目指さなければおかしいのだ。

私は、哲学相談の助言者にとっての相談者は「哲学的な研究対象」であって、相談者にとっての相談者自身を「哲学的な研究対象」にしていくものでなければおかしいように思うのだ。そうであれば、個人の諸問題に対しても哲学的に向き合い、解明しようとするのでなければおかしい。そしてそれは助言者が行って答えを教えてあげるのではなく、「相談者が独力で行える」ように仕向けなければ相談者にとっては何の解決にもならないように思うのだ。

相談者が生きる力を生み出す術を手に入れる、それが哲学相談の目指すゴールじゃないかと思う。

*1:できないというか、知識のバイアスで別の問題にすり替えてしまいがちだ。