わんこ先生のざれごと

What A Wonderful Bullshit World !

命は大切か-安直で短絡思考で人の幸せをうらやむ人たちに宛てて

命の大切さを説く前に、生きることの楽しさを説くべきです。命の大切さを訴えたいなら、生きることの楽しさを実感したい、実感しよう、人(子どもたち)がそう思う方向に導かなければいけません。自分が生に意味を見出していないのに、他人の生に意味を見出せるわけがあろうはずがないからです。大人が為すべきは、自分が妄信している「命の大切さ」を押しつけることではありません。

命は「誰にとっても無条件に大切」なのではありません。もしそう思いたい人がいるなら、どうぞご自由していただければいいですが、でも実際にはそうではありません。

人間には意思があり、感情があります。人間は主体的な生き物であり、主観的生き物です。私は「無条件に大切なものなど存在しない」と思っていますが、それは「主観的価値観で大切だと思えるものが大切」だと思うからです。主観的に無価値であれば、その人にとっては誰がなんと言おうと無価値としか感じられません。

ショッキングな殺人事件が話題になるたびに、「命の大切さ」を押しつけようとする意見がまことしやかに出てきます。安直な命の大切さを押しつける意見が聞こえてきます。でも、どんなに普遍的に見えようと、命の大切さ云々というのは普遍的なものではなく、本当はまったくの主観的なものだということをそろそろ理解しなければいけないと思います。そうでなければ、命や存在の軽さを目の当たりにして悩んでいる人たちが解放されることはないでしょう。事実を見ずに、効果的な問題解決はできません。

人間は基本的に自分が大切です。それを世の大人たちは否定しようとします。利己的な生き方を否定しようとします。でも、それは嘘っぱちです。

私は、他者のために何かをしたり思い遣ることを否定しません。それは、自分が良かれと思うことをするのは、そもそも他者のためではないからです。自分がやりたいからやるのです。周囲に気を遣って善行を為すのは偽善です。偽善が悪いとはいいませんが、それは無言の脅迫に似ています。私はそれが正しい世の中だとは思いません。まず自分ありきで生きるのが正しいと思っています。

しかし、利己的というだけで頭ごなしに否定すれば、自分の生を否定するようになります。「自分のために生きてはいけないのか」と。*1
自分の生に価値を見出せなくなれば、他者の生にも価値を見出せなくなります。自分を愛せなければ、他者も愛せません。それはとても苦しい。だから、自分の生や感情を否定させる導き方は間違っているのです。

「生きていたい。」

自分が自然にそう思えるのが当たり前であって、そう思える根拠を持てない人はとても不幸です。とても苦しいでしょう。寄りかかるところがない。人間は、感情を正しく発露させなければ苦しくなるものです。私は、そんな苦しい人生に導こうとする、愚かで邪な意見をこそ否定します。

命は大切か? 大切ですよもちろん。生きる目的を持っていればいるほど。人生が充実していればいるほど。命はだから、「自分にとって生きる意味を感じ、目的に向かって進むために大切」なのです。

だから、結果的に人(子どもたち)の幸せを奪う短絡思考からは、いい加減卒業した方がよい。そして、自分の生き方を見つめ直した方がよい。私たちは幸せになるために生きているのだ。

だから、頭は生きているうちに使え。

*1:「自分のため だけ に生きる」という意味ではありません。

人と社会の幸せ

1.人間には特別の価値があるか

すべての人にとって特別に価値ある生命とは自分の生命のみであって、自分以外を特別視しない。
現代社会では金科玉条のごとく特別の価値があるとされているが、実際には無い。
「人間の生命は等しく無価値であり、その意味で対等である。」
これはまた、逆も成り立つ。
「人間の生命は等しく有価値であり、その意味で対等である。」
どちらも成り立ち、どちらも証明できない。これは神の存在証明と同じことである。
ただ自分が決めているだけのことで、先天的な価値も万人に共通する価値も、そもそも無い。

2.他人の命を大切にすべきか

大切にしたければ大切にすればよく、大前提とすべき義務は無い。
たとえば、日中に日陰の無い場所で、自分以外の人にそれぞれ一日分の水を与えられたとする。水がないままでは死ぬとしたら、自分だけ与えられないのは不公平だと言うだろう。
では逆に、同じ状況で、自分だけに一日分の水を与えられたとする。他の人は一口でいいから水を飲ませてくれと言うだろう。水を渡せば順繰り回ってその分減るが、一口ではどうせ死んでしまうので、おそらく誰かが持ったままになるだろう。戻って来なければ自分が死ぬ。
それでも他人の生命を大切にするだろうか。
反論として、愛する人のために譲る場合が考えられるが、それは愛する人が「自分の延長」だからである。

3.他者(障害者、犯罪者、敵)は無価値、あるいは害悪か

他人の生命に特別の価値がない以上、そもそも無価値である。しかし害悪かどうかは判断する者の基準によって変わる。
人は幸せになることを求め、幸せを奪われることを厭う。幸せをくれる相手には好意を示し大切にすべき価値を見出すが、幸せを奪う相手には敵意を持ち価値を貶める。人にとって幸せをもたらすものが善であり、幸せを奪うものが悪である。
何かを害悪であると断ずるのは、それがその人にとって、幸せを奪うものだからである。

4.現代社会の病理

人の原理がそうであれば、人の価値は先天的にあるのではなく、また理念に拠って決まるのでもなく、「個々人の幸せとの関係性」によって決まる。そのため「他者の存在が個々人の幸せの獲得に関係する」という社会通念が無い限り、人の存在自体が価値を持つことはない。
言い換えれば、幸せや生き方に関する社会通念の成熟度合いに応じて、実質的な他者の存在価値が変化すると考えられる。社会通念とは価値観(世界観)であり、独りよがりの夢想や実態とかけ離れた理想論ばかりであれば、他者の存在を容認する社会通念が成熟することはない。
社会の中には様々な価値観が溢れているが、知る限りは理念から始まる価値観ばかりであり、人の原理から始まる価値観を見ることは無い。人の原理から始まる価値観とは、「人はこうあるべき」をすべて捨て去り、人間を直視することによってしか得られない。
現代社会は理念から始まる価値観を無批判に信奉し、人間を直視する態度は軽視されている。あるいは、「何かの理念を人間を直視しているものと誤解」しており、根本的なところで社会通念が成熟しない構造を持っている。

5.他者の存在を容認しない社会通念

民主主義、人権思想、道徳、平等、公平など、現代の社会通念は理想論を出発点としており、理想論の暗部を直視しない。
この「理想論の暗部を直視・批判してはいけない」という社会通念こそが、他者の存在を容認しない態度を生み出している。

広告を非表示にする

ダメな哲学対話

対話に参加する目的が違う

同意や賞賛が欲しくて参加してると、それを得るための発言をする。
仲間に入れて欲しくて参加してると、反論らしい反論をしない。

自分に関連付けすぎる

自分の意見も他人の意見も、「自分の価値観」に合うかどうかで判断する。
あまりに価値観が異なる意見は、自分の価値観が否定されると感じ、拒絶したくなる。

本質を追求しない

論理的に正しいか?多角的な批判になっているか?などを問わない。
別の立場から考えてみることができず、自分の視点だけが正しいと固執する。
「ご立派な意見」に価値があると考え、「古い時代の考え」「反社会的な意見」「不真面目な意見」を蔑む。

広告を非表示にする